So-net無料ブログ作成
  シアトル2008 ブログトップ

シアトル土産6 San Juan島にて [  シアトル2008]

シアトルのお土産もいよいよ最後、サンファン (San Juan)島で買ったモノたち。

サンファン島はカナダのビクトリアとワシントン州に挟まれたSalish海に位置していて、カリフォルニアなど西海岸に住むアメリカ人の避暑地として人気のある島なのだそうだ。また、世界でも有数のオルカ(シャチ)の生息地として知られていて、当然人気のアトラクションはオルカウォッチング。ここにはアメリカで最初の野生のオルカの博物館The Whale Museumがあり、サンファン島付近に定住しているオルカの3つのポッド(群れの単位)について研究している。というわけでイルクジ大ファンのmahimahiとしては、サンファン島に来ないわけには行かないわけ。残念ながらオルカに遭うことは出来なかったので、代わりにキーホルダーをゲット。全長5cmくらいで鉛?鉄?などの金属製っぽい。

サンファン島のもうひとつの特産品はラベンダーPelindaba Lavenderというラベンダー農園がある。シアトルでもそうだったけど、ワシントン州にはけっこういろいろなところでラベンダーの花が咲いていた。7月がピークのようでフェスティバルもあるらしいけど、既にけっこう咲いてると思うから、農園にもぜひ足を運びたかったな。ここでも車をフェリーで持ってこなかったことを後悔。。。orz

仕方ないので、せめてものお土産に小型のリース(8cm)を購入。小さいながらもラベンダーのいい香りがする。崩れないように箱に入れてと頼んだのに、ちょうどいいサイズがなかったようで、代わりに包装用ティッシュを何重にも巻いて梱包。だけど。。。帰宅後に開けてみたらラベンダーがボロボロに。。。(T-T)
だから箱に入れてくれって言ったのに。

もひとつはサンファン島のスーパーで見つけたスモークサーモンチャウダーのレトルト。シアトルの特産品のひとつはサーモン(鮭)!!旅行中にもスモークサーモンチャウダーを飲んだけど、おいしかったね~。というわけでお土産にも。

ちなみにシアトル近辺で獲れる鮭は主に4種類: ギンザケ (Coho / Silver)、ベニザケ (Sockeye)、マスノスケ (Chinook / King)、降海型のニジマス (Steelhead)だそうだ。このチャウダーはなんだろうなぁ。。。
これでシアトル旅行のお土産編終了!小物が多いけど、けっこういっぱい買ったなぁ。いろいろ探してみるのが面白かったしね。あ、でもシアトル/ワシントン州の特産品ばかりってワケじゃなかったかな。

シアトル土産5 ポストカード [  シアトル2008]

シアトルのお土産、まだ続きます。といっても今日は簡単にポストカードのみ。

左からヨセミテ国立公園、マウントレーニエ国立公園、スノコルミー滝のポストカード。僕は国立/州立公園のポストカードをなんとなく集めてる。しかも写真じゃなくて、ちょっと昔っぽいイラストのがいいんだな。なんか雰囲気あっていいでしょ?^^
ちなみにヨセミテのは
一昨年行ったときに確かイラストのが売ってなかったので今回買っただけで、シアトルとは何の関係もありません。

さて、シアトルお土産編も次回でいよいよ最後です。

シアトル土産4 Fremontにて その3 [  シアトル2008]

フリーモントのお土産、最終章です。笑

フリーモント土産の最後は、自分用に買ったTシャツ。いたってシンプルなそしてなぜかボーリング場のロゴの入ったTシャツ。なんとなくデザインと色が気に入ったので買ってみた。$22。これ、シアトルにある本当のボーリング場なんだって。行ってないけど。。。

これは「Desteenation Shirt Company地図)」というTシャツ専門店
で購入。目的地の「Destination」の"ti"を"tee"と置き換えてTシャツを連想させるネーミングがグー。Nationの"T"もTシャツになってるし。デザインにすごく凝った感じがいいね。

こ のお店のシャツのデザインは実は全て実在する店舗のロゴなんだそうだ。でも、どんなお店のロゴでも良いというワケではなく、オーナーがデザインを吟味して 気に入ったものだけなんだとか。ロゴを使うことを許可したお店にはそのTシャツの売上の10%が印税として一生支払われるんだって。それっていいね~。

ワシントン、カリフォルニア、そしてハワイのお店のロゴが集まっている。なぜハワイ?と思って聞いたら、オーナーがハワイ島出身なんだって。なので、2号店はハワイ島のカイルア・コナにあってオーナーの親戚がやってるらしい。ちなみに、日本でも横浜の服屋がココの商品を扱っているそうだ。

どれもナイスなデザインのロゴなので、このお店も見ていて楽しい。値段も男性用$22、女性用$25、子供用$18とお手ごろ。

Desteenation Shirt Company
3412 Evanston Avenue North
Seattle, WA 98103
地図
(206) 632-7874

いろいろと見ていたら、なんと「Tozai Line (東西線)」と書かれて丸い地下鉄のロゴ(?)の描かれたTシャツを発見。え?日本の地下鉄?と思ってよく見たら、シアトルの回転寿司屋「Blue C Sushi」のものだった。写真を拡大して見るとお店のガラスにいろいろな地下鉄のロゴが描かれているのが分かる。それから看板の「SKIP WORK. EAT SUSHI.」という宣伝文句にも思わず笑ってしまった。ちなみにお店はなかなか賑わってた。次回、チャンスがあったら食べてみようかな.^^

フリーモント編は終了だけど、シアトルのお土産はまだ続くのであった。。。


シアトル土産3 Fremontにて その2 [  シアトル2008]

フリーモントのお土産の続きです。

面白くてかわいらしい雑貨満載の「Portage Bay Goods地図)」。お店を見ているだけでめちゃ楽しい。ハワイにはこういうお店あまりない気がするなぁ。

ウシとブタのキーホルダー。これ、けっこう優れモノなんだよね。頭の上のボタンを押すと鼻の穴に仕込まれたLEDライトが点灯し、しかも鳴くのだ!!LEDはかなり明るいし、ウシもブタもそれぞれそれっぽく鳴く。本体もプラスティックではなく、樹脂っぽいつくりでサラサラと手触りもいい。これイイねー。お値段は1個$4.95。

ちなみに他にも似たようなのでサル、カエル、幽霊があったけど、あまりかわいくなかった。

友人が来月出産するので、そのお祝いにと買ったベビー服。ぜひ写真をクリックして、拡大図を見てみて!iPodにかけて、iPoo'd (アイ・プード)、つまり「ウンチしちゃった。」という意味。しかもコントローラーのところには「Change Me = オシメ変えて」と書いてある。

Appleフリークな夫婦なので、これを見たとき、これは絶対買うしかないっ!!と思った。笑



Portage Bay Goods
706 N 34th St
Seattle, WA 98103
地図
(206) 547-5221

フリーモントのお土産、実はまだ続くのであった。。。笑

シアトル土産2 Fremontにて [  シアトル2008]

シアトルのお土産編第二弾はフリーモントフェアのあったフリーモント(Fremont)から。この街にはアートギャラリーやちょっと変わったグッズを置いてるお店などがけっこうある。サンフランシスコのヘイト・アシュベリーみたいな感じかな。



ウシとブタのキーホルダー以外は、「Frame Up Studios地図)」というアートグッズのお店で購入。オーダーメイドのフレームがメインの商品のようだけど、他にも写真立てやカード、ローソク、などなどたくさんのアートグッズが置いてある。見ているだけでもけっこう楽しい。

ちょうどワゴンセールしてたので、そこからピックアップしてみた。

いちばん左のは、引き出しのようなケースに入ったカード&封筒。ケースがすごく気に入った。
  「Hug Me」 「Be Mine」と書かれたハート型のローソク。
一個50セントだったので思わず買っちゃった。
ハローウィンの黒猫とイースター(?)のウサギの脱力人形。台の下のボタンを押すと人形がぐて~んって脱力するヤツ。笑

以前、奥さまが働いていたときにこの人形で癒されていた、と話していたのを思い出したので買ってみた。案の定、すごく喜んでた。^^

これも一個$1だったかな。
あと、写真撮り忘れたけど、
Red Cap Cardsカードを一枚買った。こういうイラスト大好きなんだよねー。^^

Frame Up Studios
3515 Fremont Ave N
Seattle, WA, 98103
地図
(206) 547-4657

フリーモントのお土産は明日に続く。。。

シアトル土産1 Pike Place Marketにて [  シアトル2008]

今日からシアトルのお土産編。今回は行った先々で小物をちょこちょこと買ってみた。まず第一弾はシアトルダウンタウンのパイクプレースマーケット(Pike Place Market)のお土産を2点。

魚を投げるパフォーマンスで有名な、パイクプレースの顔とも言うべきフィッシュマーケットで売られているタルタルソース(でも、実は買ったのはSan Juan島のスーパーなんだけど。)と、パイクプレースにあるスターバックス1号店でしか買えないというパイクプレース・スペシャルリザーブのコーヒー豆。タルタルソースは、奥さまが「シアトルの名物って何?」とネットで調べていて見つけたもので、頼まれていた唯一のお土産品。ちゃんと見つけられて良かった。コーヒーは現地で飲んでみたけど、けっこうダークロースト系で僕好みの味かな。


シアトル9日目 マウント・レーニエ国立公園 [  シアトル2008]

今日はいよいよシアトル最終日。昨日も結局Hostels Seattleに泊まった。フリーモントフェアが楽しくて、夜まで歩き回って疲れちゃったのでね。運良くベッドが空いてて良かった。笑

この日は朝の3時半起床でシアトルの南にあるマウントレーニエ国立公園を目指す。ホノルルへの飛行機が5時過ぎの出発なので、4時までには空港に行かなければならない。国立公園までは車で約3時間なので、公園内で自由になる時間は6時間ぐらい?ちょっと厳しいスケジュールだけど、やはりここの国立公園は行ってみたかったのでね。

しかし。。。この日は天気があまり良くなかったんだよねェ。幸い雨は小雨が降ったぐらいだったけど、標高の高い場所ではかなり霧ってた。レーニエ山は、昔の日系移民にタコマ富士と呼ばれ親しまれた山らしい。しかし、その山がじぇんじぇん見えない。。。orz  確かマウイでハレアカラ登ったときも同じだったなぁ。So much for 晴れ男ですワ。

本来なら雪を被ったキレイなレーニエ山や数々の氷河が拝めるはずだったのに。トレイルとかもちょっと歩きたかったんだけどなぁ。しかも、今年は異常気象で6月に入ってからも標高の割と低い地域でも雪が降ったらしく、いたるところ雪だらけ。リフレーションレイクという山が湖面に反射してきれいに見える湖も凍って雪が積もってるし。。。なんじゃそりゃー!!って感じだった。(^-^;;;

でも、所々で見られる滝や渓谷などはきれいだったねー。ま、時間もなかったし、それだけでもよしとするか。とりあえず、国立公園パスポートにしっかりスタンプ押して帰ってきた。

今回のシアトル旅行は、オルカにしても、国立公園にしても、自然系にはあまり恵まれず残念だったけど、街系は楽しかったなぁ。結局4泊したホステルも快適で、そこに泊まる人たちとも楽しい時間を過ごせたし、貴重なフリーモントフェアも見ることができたし、おいしいフィッシュ&チップスも食べられたし。そういう点ではかなり満足いく旅だった。シアトルへはぜひまた来てみたいね!

シアトル8日目 フリーモントフェア [  シアトル2008]

今日はシアトルの北部のフリーモント(Fremont)というヒッピーやアーティストの多い町で毎年開かれているフリーモントフェアへ行った。目当てはSolstice (夏至)パレードNaked Bike Ride (Solstice CyclistsとかPainted Cyclistsとも呼ばれる)、つまり素っ裸で自転車に乗って走るわけ。素っ裸といってもさすがに素のままではダメらしく(わいせつ物陳列罪とかで違法だよね?)、みんなボディーペイントしている。だからといって素っ裸には変わりないんだけど。。。(^-^;;;

フリーモントフェアは、夏至(=夏の訪れ)を祝うお祭りで、フリーモント周辺のホームレスや飢餓に苦しむ人たちの救済基金を集めるためのイベントなのだそうだ。今年で37回目を迎え、シアトル周辺でも最も大きなお祭りのひとつらしい。聞いた話によると10~20万人ぐらいこのフェアのためにフリーモントにやって来るとか!?メインイベントのパレードは、Fremont Art Councilが主催している。ちなみに裸のサイクリストは公には宣伝していないようだけど、パレードとともにある意味みんなが一番目当てにしてるイベントなのかもしれない。。。笑

フェアには数多くのブースもあり、様々なアートや飲食物を売っていたり、エコや自然食品関連の啓蒙活動をしていたりする。そして街のいくつかの場所にステージが設置され、バンドの演奏があったり、動く芸術とも言えるような個人でデコレーションしたアートカーの展示場があったり、大道芸人がいたり、といたるところで楽しめるようになっている。

パレードも楽しかったし、(あまり見てないけど)裸のサイクリストたちも面白かった。バンドの演奏も先日クラブで聴いたのよりもはるかにレベルの高い演奏ばかりだったし、楽しいことだらけだった。旅行の予定を変更してまでも見に行って本当に良かったな。

さて、パレードの様子などはまた改めて写真つきで紹介しようかな。

シアトル7日目 シーカヤッキング [  シアトル2008]

今日は今回の旅のハイライトでもあるSan Juan Islandでのシーカヤックの日。昨日はホエールウォッチングに参加できなかったから、今日はオルカに逢えるよう期待満々。。。

フェリー乗り場で待ち合わせをし、バンで島の反対側(西海岸)のSan Juan State Park (キャンプ場)へ。まずはギアの説明。ライフジャケットを身につけ、その上からスプレーデッキというバレーダンサーのTuTuみたいなのを被る。これをカヤックに乗った後で穴をふさぐように被せると水が中に入ってこないわけ。カヤックにはラダーという舵が後ろについていて、二人乗りのカヤックの場合は後ろに座っている人がペダルを左右の足で踏んで舵を取る。パドルの仕方なども簡単に教わった後でいよいよ海に入る。僕は一人での参加だったので、ツアーガイドの一人のMargotとペアを組んだ。

海はべた凪。ここまでべた凪なのは珍しいそうだ。シーカヤックするには(特に初心者には)絶好のコンディションだ。海岸沿いをガイドのSandyがいろいろと説明しながら南へ進む。僕らのカヤックは一番後ろでみんながはぐれないように見ながら進むため、なかなかうまくカヤックを操作できない一組母娘についていたので、あまり説明が聞けなかった。

海岸沿いにはケルプ(昆布)の森がたくさんあった。北米西海岸沿いにあるケルプは種によっては最大100mぐらいになるんだそうだ。しかもその成長の速さといったら目で見えるぐらいに育つのが早いらしい。ケルプの茎の部分は空洞で中にガスが入っていてその浮力で浮いている。このケルプも食べられるんだそうだ。なんとアイスクリームにも入っているとか。

30分か1時間ぐらい?パドリングすると小さな灯台が見えてきた。Lime Kiln Point State Park、通称ホエールウォッチパークだ。ここからオルカがすぐそばに見えることがある。。。のだが、今日は(というか今週はずっと?)オルカの気配がない。(T-T)

ビーチに上陸してランチブレイク。岩場のTide Poolを散策したり、
オルカについての説明なども受けたりして過ごす。その後は、来たルートをオルカや他の野生動物を探しながらパドリング。帰りはパートナー交代で、なかなかうまくパドルできてなかった母娘の母と一緒にカヤックに乗った。行きは海流のおかげで随分と楽だったけれど、帰りは逆行するので、途中けっこう進みにくいときもあった。腕と肩がけっこう疲れた。。。

結局、オルカどころか、アザラシも見当たらなかった。白頭ワシが一羽と海鳥が数種類ぐらいかな。でも、初めてのシーカヤックは楽しかった。ただ、このカヤックツアーはオルカウォッチングを目当てにし過ぎるとがっかりするかもしれない。考えてみれば、カヤックでカバーできる範囲なんてたかが知れてるし、近くに運良くオルカがいなければ、まぁ遭遇できるチャンスは少ないだろう。やはりボートでのウォッチングにも行きたかったなぁ。。。残念。

San Juan島から本土に戻るフェリーを待つ間、今夜の宿を探した。明日はFremont Fairがあるので、なるべくシアトル近辺がいいなぁと思って、駄目元で先週末泊まったホステルに電話をしてみた。そしたらぎりぎりドミトリーのベッドがひとつ空いてるという。というわけで、またまたHostel Seattleにお世話になることに。さてさて、明日はFremontのパレード。かなりビッグなイベントらしいから楽しみだ。^^


シアトル6日目 San Juan Islandへ [  シアトル2008]

トレーニングが無事に終了し、バートランを朝早く空港へ連れて行った後はハイウェイをひたすら北へ。Anacortesという街でフェリーに乗って、オルカウォッチングで有名なSan Juan Islandへ向うのだ。午前中のフェリーに間に合うかきわどかったので、休むことなくひたすら車を飛ばした。あと10分というところでギリギリセーフ。車はAnacortesのフェリー乗り場の駐車場にとめることにしたんだけど、これが間違いだった。。。料金をウェブで確認したところ車を運ぶと$50ちょいなんだけど、てっきり片道料金だと思ってたんだよね。駐車場にとめれば2日で$20だから、けっこうな差になる。しかも、予定としては、一日目は船でのオルカウォッチングで、二日目は一日ずっとシーカヤック。なので、たいして車を使うこともないだろうと思っていた。

しかし、料金は往復だったようで、結局差額が$20弱。しかも、午前中のフェリーに乗れたので、時間もけっこうある。さらに!オルカウォッチングの船はどこも満席だったり、夏場は一日2便と書いてあったのに、1便しか出てなかったり、で結局行けず。。。orz
せめてもの気休めは、どうやら今日はオルカが近くにいなさそうとの情報が入ってきているようで、ツアーに出ても見れない可能性が高いということだ。

そんなわけで、時間があまりまくってしまった。小さなダウンタウン近辺を歩くことしかできず、ぜんぜんやることないよ。。。Whale Museumというのがあったので、そこでいろいろとじっくり見て時間をつぶしたり、のんびりお昼を食べたり。

この島の反対側にはホエールウォッチングパークという、岩場の海岸からすぐ目の前にオルカがやってくるポイントがあるらしい。ミュージアムでビデオが流れていたけど、ホントに目の前までやって来てた。それは岩場のすぐ近くにケルプ(昆布)の森があって、そこに魚がいっぱいいるらしく、オルカはその魚たちを狙ってやってくるんだそうだ。運がいいときはかなり長い時間、見られるとか。5月~6月が最適の時期らしいんだけどねぇ。。。明日はシーカヤックで、そこら辺の海岸線にも行くと思うから、オルカが戻ってきてくれることをひたすら祈るのみだ。

ちなみに今日の宿は、Wayfarer's Restというホステル。でも、一軒家の個室にベッドが3つぐらい入ってるという感じで、すごくきれいだし、居心地もよさそうだ。さてと、今日は早めに寝て、明日に備えるとするかな。

シアトル3日目 チッテンデン水門&フリーモント [  シアトル2008]

シアトル3日目、今日も朝9時過ぎののんびり起床。ホステルをチェックアウトして、ダウンタウンのホテルに移動する以外何もプランがない。マウントレーニエ国立公園まで日帰りで行ってしまおうかとも思ったけど、いろいろ調べているうちに11時を回っていたので、やめといた。片道3時間近くかかるし、せっかく行くならゆっくりとハイキングしたりしたいからね。

というわけで、何をしようか散々迷った末に、ホステルの近くにあるチッテンデン水門とダウンタウンの北に位置するヒッピー/アーティストの街フリーモントを散策することにした。時間がつぶせるか心配だったけど、どちらもかなり面白くてその二つだけでバッチリだったね。特にフリーモントは奥さんの好きそうなお店がいっぱいあって、これはいつか絶対奥さんをシアトルに連れてこなければ、と思った。

この日の夜は、同僚のバートランを空港でピックアップ。彼も今年の北極海調査に同行することになったので、トレーニングに参加するのだ。10時過ぎにピックアップして、空港からシアトルダウンタウンまで30分ぐらいのはずなのに、道を間違えて、延々と迷ってホテルに着いたのが12時。そこでちょっとトラブルがあったりして、いろいろ大変だったけど、ま、なんとか無事に二人ともチェックインできた。夜はフロントで教えてもらった近くの13 Coinsという24時間オープンのレストランへ。そこが意外にもよかったねー。レストランでもけっこうバートランといろいろとしゃべってて、ホテル行ってからもフロントの人と一緒になっていろいろしゃべってたらいつの間にか朝の4時だった。。。ま、次の日のトレーニングは昼過ぎからだからいいけど。(^-^;;;

シアトル2日目 スノコルミー滝へ [  シアトル2008]

シアトル二日目は、TVシリーズ「ツインピークス」のロケ地にもなったスノコルミー滝(Snoqualmie Falls)へ行った。落差81mでかなりの水量があり、迫力満点。ちょっとしたトレイルもあって、滝つぼの近くまで行ける。ここはけっこうオススメ。

ほかにはダウンタウンの北側の対岸にあるガスワークスパーク(Gas Works Park)でサンセット見たり、クイーンアン地区のケリーパーク(Kelly Park)から夜景を見たりした。ちなみに今の時期のシアトルのサンセットは午後9時ぐらい。どうやら北海道よりも北に位置するらしいね。

車で迷走しているときに偶然見つけたIver's Seafood Barで食べたフィッシュアンドチップスとスモークサーモンチャウダーはメチャウマだった。F&Cは今まで食べた中で一番かも。調べてみたらいろいろなところにあるらしい。そういえば、ここって昨日Underground Tourのガイド ジェイクにチャウダーを薦められたところかも。

シアトル1日目 ダウンタウン散策 [  シアトル2008]

HNL (21:20) → SEA (6:00ぐらい) 。飛行機は満席。映画を見てしまったが、そこそこ眠れた。シアトルについて最初の感想は「寒いっ!!」。かなり気温低そう。Tシャツ一枚じゃ厳しいので、(薄手の)フリースを着た。シアトルでは、この時期のこういう寒い時のことを、JanuaryとJuneを合わせてジュニアリーというらしい。笑

レンタカーはAdvantage Rent-A-Car。9日間で$250弱。しかもコンチネンタルのマイルが1,500マイル貯まるキャンペーン中!さらにレンタカー代も自腹じゃないなし。車はDodgeのキャリバー(白)。ミッドクラスらしいけど、どちらかというとコンパクトって感じ。。。でも、運転はけっこうしやすい。

まずは、どこへ行ったらいいか全然分からないので、とりあえずダウンタウン方面へI-5を進む。ダウンタウンを越えた辺りで、520号に乗りEvergreen Point Floating Bridge(浮き橋)を渡って、Bellevueへ行ってみる。朝、8時前なので店も開いてないし、何もやることなくて静か。。。と思ったら、何やら超高級スポーツカーが 通り沿いにたくさん停まっている!?なんだなんだと思って見に行ってみると、フェラーリ、マセラッティ、ポルシェ、ランボルギーニなどの個人のオーナーたちが毎週土曜日にこうして集まっているんだそうだ。かっこいい車がいっぱい。カメラを持った見物人も多かった。この町はどうやらお金持ちの町らしい。コンドミニアムとかもちょっとおしゃれな感じだし、やたらとサロンが多いし。

お腹も減ったし、この後の予定も立てたかったので、近くのBelle Pastryというパティセリーに入った。ハム&チーズクロワッサン($3.85)とカプチーノTall($2.50)を注文。クロワッサンはすごくおいしかった。さすがフランス人のパティシエがやってるだけのことはある。ケーキやチョコレートもあって、なかなか美味しそうだった。

腹ごしらえの後は、ドライブしながら、いよいよシアトルダウンタウンへ。適当に走ってみて、駐車場を探してみる。あちこちにあるんだけど、やはりダウンタウンだから駐車料金が高い。だけど、週末は一日停めても$5.00なんていう格安のところもあった。スペースニードルのあるシアトルセンターから歩いて3分ほどのところに停めたので、場所的に悪くないかな、と思ったんだけど、結局シアトルセンターは博物館とか展望台しかないので、外から見るだけですぐに用は済んでしまった。それならばダウンタウンの中心に近いほうに停めたほうが楽だったかも。

5番通りをシアトルセンターからダウンタウンの中心部まで歩いて30分ぐらい。開いてるお店が全然なくて、おいおいシアトルってつまんない?とかちょっと不安になったけど、中心部はショッピングモールとかデパートとかブティックなどがたくさんあって賑やかだ。でも、まぁ、あまりショッピングには興味がないので、有名なパイクマーケットを目指して歩き続ける。どういうわけか、シアトルって平らな都会っていうイメージがあったんだけど、サンフランシスコみたいにめっちゃ丘が多い。坂とかかなりキツイぜよ。町並みを見ながら歩いていたら、なぜかPike Stを見過ごしてしまっていたようで、気づいたらマリナーズのSafecoスタジアムまで後ちょっとという、ダウンタウンの端まで来てしまった。(^-^;;;
その辺をプラプラしてるとSeattle Underground Tourを見つけたので、14:00のツアーの予約を入れた。まだ1時間ぐらい時間があったので、Pike Stまで戻って、マーケットを覗いてみる。噂どおりの大賑わい!!看板店であるPike Place Fish Marketの魚を投げるパフォーマンスも見れたし、スモークサーモンの試食もさせてくれた。他にも肉屋、花屋、野菜・果物屋、プレートランチ・惣菜の店などいっぱい並んでる。フライドチキンや砂肝のから揚げなどを売ってるお店があって、すごく美味しそうだったので、ツアーの後に戻ってくることを決意し、お腹が減ったのを堪えていったんツアーへ戻る。

Seattle Underground Tourは、期待よりもはるかに面白かった。っていうか現在のシアトルダウンタウンが昔よりも1階分上に作られているという事実が驚きだ。
ツアーガイドのジェイクも、佐賀の短大に通ったことがあったり、大阪でNOVAの講師をしていたり、という親日派。話も面白くて、ツアーがより楽しくなった。ま、このツアーの話は長くなりそうなので、また後で詳しく書くことにして。。。

そして再びパイクマーケットへ。残念ながら食べたかった砂肝のから揚げはほとんど売り切れてしまっていたので、その売れ残りと、代わりにレバーのから揚げをハーフパウンド、ドラムスティックとスパイシー手羽を一本ずつ頼んだ。全部で$5.37。それをマーケットの裏の展望スペースで食べた。砂肝は思った通り美味しい!レバーは、見た目美味しそうだったけど、そもそもレバー自体、それほど好きというわけでもないんだよね。ちょっと頼みすぎた。ドラムスティックはまぁ、普通。スパイシー手羽は、予想よりもかなり辛かったけどなかなか美味しかった。

遅めのお昼の後は、バブルドリンクのお店を発見したので、そこでグリーンティーのタピオカ入りバブルドリンクを注文。本来なら$3.75のはずなんだけど、間違えて作っちゃったのを冷やしておいたのがあったらしく、$2.00でいいよ、ということなのでそれにした。まだしっかり冷えていたし、グリーンティーも抹茶フラペチーノみたいな感じで大当たりだった。ただ、モミは冷やされたせいなのか、小さくて硬めだった。でもこれで$2.00はかなりお得だねー。

ここでアクシデント発生。デジカメの液晶カバーがないことが発覚Undergroundツアーの途中ではあった気がするんだけど。。。見つけるのは無理だとは思ったけれど、一応歩いた道を戻ってみる。が、やはり見つからなかった。。。orz

それまでに既にかなり歩き回っていたので、だいぶ疲れが出て来た。腰も痛いし、眠くなってきたし。ベンチでちょっと休んだけど、もう7時近くなっていたので、ホテルへ行くことに。ちなみにシアトルはダウンタウンの中心部に近い特定のエリア内はバスが無料なのだ!それを聞いてからは、バスを最大限に利用。ま、最初はやっぱり自分で歩いて見て回りたいけど、来た道を戻るときとかはありがたかったね。

宿泊先はダウンタウンから北西に15分ほど行ったところにあるHostel Seattle。ドミトリーなら一泊$25の格安なんだけど、こちらはいっぱいで個室$60となった。それでもシアトルダウンタウンのホテルは$150以上ばかりだったので、オッケーかな。しかも建物はキレイだし、スタッフも宿泊客もさすがはバジェットトラベラーで、みんなフレンドリーだ。この日は夜にビーチで焚き火(bonfire)して、BBQをする予定だったらしいのだが、ビーチは超大混雑でそんなスペースもないらしく、断念してしまったらしい。。。というわけで、代わりにみんなで喋ったり、映画を見たりした。僕はかなり疲れてて、おしゃべり中はほとんど居眠りしてたけど。。。

とまぁ、こんな感じの一日目でした。

写真もいっぱい撮ったんだけど。。。PCに繋ぐケーブルを間違えて持ってきてしまった。orz
なので、写真はまた後日。。。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シアトル到着 [  シアトル2008]

シアトルに無事着いた~。今日は長~い一日だった。。。もうクタクタなので詳細はまたあとで(たぶん。。。)

カヤックでオルカウォッチング [  シアトル2008]

シアトル出張旅行(←旅行のほうが割合が大きいので 笑)、全然予定立てていなかったけど、出発直前になっていろいろとやりたいことが出てきた。

今、一番やりたいのはSan Juan Islandへ行って、カヤックオルカウォッチングすること!!これ、去年バンクーバー島でジョンストン海峡へ行ったときに、カヤックで海峡を旅しながらオルカを見るという5日間ぐらいのツアーがあって、いつかやってみたいと思っていたんだよねー。San Juan Islandでは5時間のシーカヤックでオルカを探そうというもの。まぁ、遭遇率は25%ぐらいと低いけれど、$85だし、見れたらラッキーだしね。カヤック自体も楽しそうだし。(ただ、ちょっと腰が心配だけど。。。)ちなみにジョンストン海峡の5日間のツアーは$1,500以上してたな。宿泊はテントとかキャビンとかなんだけど。。。もしもカヤックがダメでも、オルカウォッチングをしにSan Juan Islandには行きたいね。シアトルから車で2時間+フェリーで1時間ぐらいかかるみたいだけど。。。カヤックツアーするならSan Juan Islandに泊まらないと厳しいよな。

ちなみに、シアトルのダウンタウン周辺はホテルがとにかく高い!トレーニング中の月~水までの3泊はHoliday Inn Expressに泊まることになったが、ここでも1泊$200近くするらしい!?クライアント持ちなのでいいけど。便乗旅行中はとてもじゃないけど、そんな高いところに泊まってられない。というわけで、格安モーテルとかバックパッカーズイン/ホステルを探してみる。。。と、一軒世界中のバックパッカーたちにけっこういい評価をもらってるホステルを見つけた。シャワー・トイレは共同だけど、シングル個室で一泊$60。海岸に近く、ダウンタウンからもそう遠くない。モーテルとか他の安ホテルは$75~$100ぐらいで、設備は当然いいものの遠いんだよね。まぁ、車があるからいいのかもしれないけれど。とにかく、今回は一人旅なので、セーブできるところはセーブしときましょ。

天気は前半はかなり良さそう。でもトレーニング中から崩れてきて、雨になるとの予報。週末にかけて回復してくるみたいだけど。。。後半の国立公園はどうだろうなぁ。でも、オルカウォッチングのときに晴れてくれるのが一番だからな~。あー、いかんいかん。荷物詰めて寝なければ。

え?雪ですか!? [  シアトル2008]

今、ニュースで見たけれど、昨日シアトルでが降ったって!?6月ですけど?あさっての夜から出発だけど大丈夫かな~。(^^;;;

ちなみにシアトルには14日~22日まで滞在予定。そのうちトレーニングは火・水の二日のみ。普通に行っても月、木は移動で潰れるから、それならば金曜有給とって、前後の週末も加えて便乗旅行してしまおうというわけ。こういうところうちの会社は寛大なのよね~。^^

予定としては、前半はシアトルの街を散策して、後半はマウント・レーニエ国立公園オリンピック国立公園のどちらか(もしくは両方)に行こうかと。あ、あとオルカウォッチングも外せないね。でも、まだ飛行機とレンタカーだけであとはなんのアレンジもしてないんだよね。まぁ、行ってしまえばなんとでもなる?のんびり一人旅なので、泊まるのはホステルとかドミトリー、もしくはモーテルでいいし。そうそう、ちょうどマリナーズの試合もあるので、イチロー観に行くのも手かな。
  シアトル2008 ブログトップ
ホームページ制作

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。