So-net無料ブログ作成
検索選択

ワイキキ、エコリゾート化計画 [ハワイのこと]

8月9日付のStar Advertiser紙に面白い記事が載っていた。
タイトルは『The cooling wave』(リンク)。
 
内容は海洋深層水を汲み上げて空調に利用するSeaWater Air
Conditioning (SWAC)をワイキキでもやってしまおうというもの。
ワイキキでも、というのは今、ホノルルダウンタウン地区でも
この計画が進められているからだ。
 
SWACの説明は以前の日記に書いているので、詳しくは
そちら(「海洋深層水で冷房を」)を読んでもらうとして、
ワイキキでもしも実現したら、ホテルの冷房代の節約に加えて、
世界で唯一のエコリゾートとして人気を高めることができる。
マーケティングのための利用価値が上がるということだ。
 
現時点では、ワイキキでSWACが可能かどうかを調査中、
という初期段階。これはKyo-ya Hotels & Resortsが、
政府から補助金をもらったハワイ大学のSea Grantプログラムと
共にいろいろとリサーチしているらしい。
ちなみにKyo-ya H&Rは、シェラトン、ロイヤルハワイアン
モアナなどのスターウッド系列のホテルの所有者。
 
ワイキキはホテルが集中しているし、いくつものホテルグループ
があるので、システムの利用者(つまり出資者)を集めやすい
という利点がある。一方、ダウンタウンの方ではビルのオーナーが
まちまちなので利用者を集めるのにけっこう手こずってるらしい。
 
ただし、ワイキキでこの計画を実現するにあたって問題点も
いろいろと指摘されている。
一番はどのルートで深層水を汲み上げるパイプを設置するか。
そして、各ホテル間とどうやって結ぶか、だ。
アラワイ運河を利用しようという話もあって、これによって
すっかり停滞してしまっている運河の水が流れるようになる
という利点もあるとか。
 
でも、ホテル間を結ぶ冷却水用のパイプを敷くには、かなり
大規模な道路工事が必要になるわけで、ワイキキの街を
ひっくり返すようなことになりそう。
その点に関して、Star Advertiserのページのコメント欄には
かなりネガティブな書き込みがされている。
 
中にはそんなことをするなら太陽発電を各ホテルやショッピング
センターで導入したほうがいいという意見があった。
確かに。常夏ハワイでは太陽エネルギーを使わない手はない
とは思う。でも、主に高層化してるホテルの屋上にソーラーパネルを
設置しても、エアコン代をまかなえるほどの電力は得られないのでは?
という意見もあった。太陽発電の効率って、まだ10~15%程度だしねぇ。
これに関しては、もっときちんと効率とコストの計算をして比較する
必要があるとは思うけど。
 
僕は過去に2度、タヒチのボラボラ島のインターコンチネンタル
ホテルと、カリブ海のキュラソー島のホテルグループのために
SWACを設置するための海底調査をやったことがある。
 
インターコンチは、2年ほど前から稼動していて、大成功だった
ようだけど、これはホテルを建てる前からの計画だったため
やり易かっただろうし、しかも一軒だけだったから、比較的簡単
だったのかもしれない。
 
キュラソーのは、いくつかのホテルが共同出資して使うらしいので、
いくらかワイキキに近いかも。今どこら辺まで進んでるのかな?
 
で、ホノルルのは秋ぐらいに出資金集めの目処が立ちそうらしく、
その9ヵ月後に工事開始で、18ヵ月後に稼動する予定だとか。
 
まぁ、自分も関わったことのある計画なので、ワイキキでも
ぜひとも実現してもらいたい。ハワイはモノレールの計画といい
ちょっと???なことをやっちゃう傾向もあるので、SWAC計画が
そうならないよう願うしかないな。 

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 8

コメント 2

mamisuke

計画が正しくすすむと良いですね^^
by mamisuke (2010-08-21 23:28) 

ネコはっち〜

ほんと、ハワイってびっくりすること
ありますよね。

初めて行って驚いたのは、高速道路の
中央分離帯動かす車かな。
by ネコはっち〜 (2010-08-22 00:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
ホームページ制作

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。